75°

Welcome to 75° HP.

みゆきさん撮影gimp.jpg

75°...


75°は物語の制作と編集構成を

チームで行う団体です。


現在は制作と編集を行う二人体制で

活動しています。



... 75°

そして、ただ物語を制作するのではなく、

それをどのような「カタチ」にすればより楽しんで頂けるのか ?

そこまでをトータルで考えていく団体です。


我々は制作した物語を、

これまであった親しみやすいカタチにしていくだけでなく、

今だかつて無かった方法で味わって頂く提案をしていきます。



まずは、e-book(電子書籍)から!


e-bookとして公開している作品!

無料作品『『   』』↓↓

http://ncode.syosetu.com/n9464ca/

¥100→『今宵、7丁目レストランでは。

¥100→『11歳のメロディー。』

¥200→『パパ座。

¥210→『0.9%


  • 今後も続々と出していきます!

New Image(s)

『『』』2014.jpg
1000%の涙!3月号-2014.jpg
月刊1000%の涙!1月号-2014-3.jpg
パパ座表紙-3.jpg
『 0.9パーセント 』表紙2013-3.jpg


次は制作した「本」になります。

制作時間  5054時間の本
作りました。

これまで、制作された物語は出版社を介して

皆さんのお手元に届くのが一般的な流れでした。


しかし、75°は製本会社と直接やりとりをし、一冊ずつ職人さんの手作りによって本を制作する「特別な本」を作っています。



本としての一作目は作家自身の我がままを全て叶えたい。

その思いでかかった制作時間はのべ5054時間。


一冊ずつ手作りの本は注文してから製本作業が始まります。

人の手で作られるからこそ生まれる風合いは一冊ずつ異なります。


世界に一冊だけの本が読者のお手元に届きます。


(数量限定で作者自身が表紙を制作し、

パッケージングをした本の販売を行いました)

Story × Projection Mapping vol.1

物語を味わって頂く新しい試みの一つとして、

『物語とテクノロジー』=『物語とプロジェクションマッピング』を室内で行いました。


次は朗読公演の紹介です。

それは新しい物語の味わい方...

これは電子書籍や本では味わえない、作家自身が読み上げる公演になります。

381881_334690633309647_849566090_n.jpg
IMGP2746.JPG
image-1.jpeg
写真-149.JPG
1016808_394093754044705_945013014_n.jpg
写真-146.JPG
写真-208.JPG

朗読公演!



物語を作者自身が朗読(ストーリーテリング)する、

そんなイベントを行っています。

ライブで聞いて味わう

物語の楽しみ方の新しいカタチです。

facebookページも用意しています。

最新の情報はここから発信しています。

https://www.facebook.com/75dostory

よろしければ「いいね」をお願いします。

Story × Projection Mapping vol.2

『物語の朗読』 × 『プロジェクションマッピング』の風景 vol.2
ここからは、再度物語のお知らせになります。

またたき・文庫

ショートショートよりも長くて、短編作品よりも短い。

75°はそんな、こんな時代だからこそちょうど良い長さ

新しいジャンルをつくりました。

販売しているe-book、そして本はまたたき・文庫として発表した作品です。

新ジャンル『またたき・文庫』の誕生です。

十五分で一生分の余韻...

75°では、長編でもなく、短編でもない長さの物語を制作しています。
それが『またたき・文庫』です。

短い作品は15分もあれば、長い作品でも1時間もあれば
読み切ることができます。
しかし、そ
の余韻はずっとその人の心の中に残ります。
それが「またたき・文庫」です。

お求めは手作りの本、または電子書籍で。

Matataki・bunko.PV

パパ座表紙-3.jpg
『 0.9パーセント 』表紙2013-3.jpg
月刊1000%の涙!1月号-2014-3.jpg
製本128-6.jpg
電子書籍はkindle ,Kobo,& more ...


本だけではなく電子書籍からも作品を出してます。

電子書籍の書籍販売は2010年から取り組んでます。

これからも、定期的に作品を電子出版していきます。

最新発表作はこちら


blog.

ブログは 75° 主催のイベントを行うときに、

進捗状況を皆様にお伝える媒体として活用しています。

background
©2008 Ginnerbot. CC BY 2.0